本当に効果のある骨盤矯正グッズって、結局どれなの?

そんなギモンにこたえるべく、骨盤矯正グッズをリサーチし、使い比べてみました!
骨盤矯正グッズの調査サイト数あるアイテムの中で特に人気の高いものの紹介もしているので要チェックです!

まずはココから骨盤矯正グッズの効果を検証!
骨盤矯正なび HOME » 骨盤のゆがみの原因と症状 » 骨盤の歪みセルフチェック方法

骨盤の歪みセルフチェック方法

骨盤の歪みを確認する方法をご紹介していきたいと思います。

骨盤の歪みを自分で確認する方法

看護婦 イラスト骨盤は自分自身で触って確認することのできる骨です。でも、今の状態が歪んでいるのか正常なのか、自分で判断するのは難しいですよね。

しかし、実はちょっとしたセルフチェックの方法を試すことで、骨盤にゆがみが発生しているかどうかを、しかもそれがどういう歪み方をしているのかを確認することができるのです。

是非チェックしてみてください。

足踏みチェック

難しいことは何もありません。その場で立って目をつぶったら、足踏みを50回してみてください。その場でですよ。進んだり下がったりしません。

50回足踏みをしたら目を開けて足元を見てください。動いてしまっていませんか?動いてしまっていた場合は、残念ながら歪みの可能性があります。

他にも、立ったまま目をつぶり、片脚立ちをして、どちらかうまく立てない脚はなかったかを確認するなど、簡単な方法はたくさんあるのですが、残念ながらこれらは歪んでいるかどうかは確認できても、どのような歪みが発生しているのかを知ることはできません。

そこで、歪みの種類も判明できるセルフチェック法をご紹介したいと思います。

鏡で足裏チェック法

全身映すことのできる鏡の前で、脚を伸ばして座ります。脚裏が見えるように、鏡に向かって脚を伸ばすようにしてください。

鏡の中心線に自分の体の中心を合わせるように立って、一度背筋をピンと伸ばし、姿勢を整えたらリラックスするように力を抜きます。

そのあとに、足裏の状態を確認してみましょう。本来はきれいなV字になるはずですが、歪みのある方は以下のような形になります。

  • どっちか片方に傾いている→骨盤にも傾きがある
  • 大きく開いている→骨盤が開いてしまっている

仰向けチェック法

まず仰向けになります。脚は腰幅くらいに楽に開いておきましょう。その状態で、骨盤の高さを親指と中指で測っていきます。

骨盤の高いところに親指を置き、床の部分に中指を置いてその高さを測ります。

本来は、どちらの高さも同じになるはずです。しかし、歪みのある場合は、以下のような形になります。

  • どちらかの骨盤が高くなっている→骨盤にねじれが生じている

正座チェック法

背筋を伸ばし、きれいな姿勢で正座をします。この状態で、肋骨の下から骨盤の上までの長さを測ります。

肋骨の下には親指を置き、骨盤の上には中指を置いて長さを測りましょう。

本来は、どちらの長さも同じになるはずです。しかし、歪みのある場合は、以下のような形になります。

  • どちらかが長くなっている→骨盤に傾きが生じている

さて、あなたのタイプは、ねじれタイプ傾きタイプ開きタイプのどのタイプに当てはまりますか?

pagetop

Copyright (C)効果てきめん!人気の骨盤矯正グッズ使ってみましたAll Rights Reserved.