本当に効果のある骨盤矯正グッズって、結局どれなの?

そんなギモンにこたえるべく、骨盤矯正グッズをリサーチし、使い比べてみました!
骨盤矯正グッズの調査サイト数あるアイテムの中で特に人気の高いものの紹介もしているので要チェックです!

まずはココから骨盤矯正グッズの効果を検証!
骨盤矯正なび HOME » 骨盤のゆがみの原因と症状 » タイプ2:骨盤が傾いているタイプ

タイプ2:骨盤が傾いているタイプ

多くの人に起こっている「骨盤のゆがみ」の中でも最も多いのが、「骨盤が傾いている」という状態。骨盤が左右非対称になることで、姿勢が悪化し筋力も低下するため、腰痛や肩こりを始め、冷えやむくみ、便秘などの様々なマイナートラブルを引き起こします。

そんな「骨盤の傾き」には「左右に傾く」と「前後に傾く」の二通りの症状があります。それぞれの原因や症状について見ていきましょう。

骨盤の傾きの原因と症状その1:左右の傾き編

看護師のイラスト骨盤の歪みと聞くと、傾いている状態をイメージする人が多いのではないでしょうか。

例えば、よくあるケースだと「同じ側で常に鞄を持っていると骨盤が歪む」というもの。これは左右に傾きに当てはまります。

やすめのような体勢で片脚に重心をかけるクセのある方も左右どちらかの骨盤が上がってしまい、左右の傾きを生じます。

他にも、どちらかの方向を向くような座り方をする、脚を組むときに同じ脚を上にする、寝るときに同じ方向を向く、運動不足など、さまざまな原因があります。

片方が上がってしまった状態ということは、脚の長さも変わります。肩の高さにも左右で違いがでますので、肩こりや腰痛、膝痛(左右どちらか一方にでやすい)を感じやすく、時には片頭痛に悩まされることもあるようです。

左右に傾いている人の特徴は?

左右どちらかに傾いてしまっている骨盤。ちょっとした生活習慣のくせから、どちらかに傾いている場合が多いようです。傾きは数mm~1cm程度のわずかなものですが、この状態をそのままにしておくと、肩凝りや腰痛等を始め、様々な体の不調の原因になると言われています。

骨盤が左右に傾く原因

  • 左右どちらかの手や肩で荷物を持つことが多い
  • 足を組むとき、上にくる足がどちらか決まっている
  • 立っている時、つい壁などに寄り掛かってしまう
  • どちらかの足に重心をかけて立っていることが多い(「やすめ」のような状態)
  • 寝る時に同じ方向を向いている
  • テニス、ゴルフ、野球、サッカーなど、片側を使うことの多いスポーツをしている

上記のような習慣がある人は要注意!!以下のような症状が出ていませんか?

骨盤が左右に傾いている人とは

  • 靴が片方のみ減りやすい
  • O脚・X脚になっている
  • 仰向けに寝たとき、つま先が左右同じように開いていない
  • 足の長さが違う

このような症状に思い当たったら、骨盤が左右に傾いている可能性が高いと考えられます。

肩凝りや腰痛になりやすいうえに、左右の傾きは、本来、内臓を支える骨盤がその役割を十分に果たせないため生理痛、便秘などの症状を引き起こすことが多いようです。

骨盤の傾きの原因と症状その2:前後の傾き編

また、実は傾きには左右だけでなく前後というものもあります。例えば、椅子に浅く座ってそのまま背中を椅子にもたれかかせるような、ちょっとエラそうな座り方(監督座りとでも言いましょうか)を日頃からしていると、骨盤は後ろに傾いてしまいます。これは、猫背の人にも多い傾きです。

この状態になってしまうと、常に姿勢が悪いため、見た目も良くないですし、下っ腹がポッコリと出たり、内臓が下に下がって便秘になったり、O脚になったりと良いことなしです。当然、肩こりや腰痛、膝の痛みも感じやすくなります。

逆に前に傾いた場合はどうでしょうか。後ろへ傾く状態に比べると前に傾く人は少ないようですが、同じように不調をきたします。特に、出っ尻が特徴で、他にも肩や首、腰に負担がかかり、痛みを起こしやすいようです。

前後に傾いている人の特徴は?

「傾き」と言えば左右のことのように思われがちですが、実は女性や若者に多く見られるのが「骨盤が前後に傾いている」状態です。前に傾いている場合、後ろに傾いている場合があります。

骨盤が前に傾いている人とは

  • ヒールをよくはく
  • うつぶせで寝る

というような習慣がある人は、骨盤が前に傾いている可能性があります。

  • 横から見るとお尻が出っ張っている
  • 壁にピッタリくっつくか、仰向けに寝た状態で、腰と床(壁)の間に握りこぶしが入る
  • 太ももが太くて張っている
  • 内股気味
  • 下腹部がぽっこリしている

このような場合は「反り腰」になっていることが多く、腰痛はもちろん、膀胱や子宮が圧迫されるため、ひん尿や生理不順など婦人科系のマイナートラブルが起こることが多いようです。改善のためには、お腹に力を入れる、太ももの前側を意識しつつ、まっすぐな姿勢を心がけることをおすすめします。

骨盤が後ろに傾いている人とは

  • 靴が外側ばかり減りやすい
  • 椅子などに浅く腰かけ、足を前に伸ばしていることが多い(偉そうな座り方をイメージ)

このようなくせに思い当たる場合は、骨盤が後ろに傾いているかもしれません。

  • 猫背
  • お腹がぽっこリ出て見える
  • X脚、O脚
  • 前屈が苦手(ほとんど前に伸ばせない)

上記4つのような姿勢や症状に思い当たる場合は骨盤が後傾してしまっています。腹筋・背筋が弱くなり、内臓が骨盤から外に出てしまうため、体調不良を起こしやすく、また腰から下の関節が圧迫されるため血行も悪くなります。むくみや冷え、自律神経等にも影響がでてしまうこともあります。

骨盤が傾いている方におすすめの改善方法

どんな処置が効果的?

骨盤に傾きが出ている場合は、前傾か後傾か、さらには左右のどちらかに傾いているといった、前後左右の4タイプに大きく分けられます。中には前傾かつ左傾といった、複合的な傾きを持っている場合もあります。

骨盤の傾きは生まれもった体型や生活習慣などによって引き起こされるもので、一度の矯正で歪みが解消するわけではありません。整体院などで専門的に治療を行うほか、普段の生活習慣や姿勢のクセなども正していかなければ、同じ状態に戻ってしまう可能性があります。

普段の生活でできることは、骨盤周りの筋肉をしっかりと鍛えるということ。傾きを戻そうとするのではなく、骨盤をしっかりと同じ位置にキープするための筋肉トレーニングが重要です。

傾き型骨盤に効果が期待できそうなアイテム

【メイクヒップス ベーグルクッション】

名前の通り、美尻をつくるために開発された骨盤矯正用クッションです。デスクワークやドライブなどで長時間椅子に座る時はもちろん、床に置いて使うこともできるすぐれもの。座りながら姿勢を正すことを目的としており、お尻まわりを鍛えあげることもできるので、骨盤の傾き防止に役立ちます。

>>>【メイクヒップス ベーグルクッション】の詳細はコチラ

pagetop

Copyright (C)効果てきめん!人気の骨盤矯正グッズ使ってみましたAll Rights Reserved.