本当に効果のある骨盤矯正グッズって、結局どれなの?

そんなギモンにこたえるべく、骨盤矯正グッズをリサーチし、使い比べてみました!
骨盤矯正グッズの調査サイト数あるアイテムの中で特に人気の高いものの紹介もしているので要チェックです!

まずはココから骨盤矯正グッズの効果を検証!
骨盤矯正なび HOME » もっと頑張りたい人へ!骨盤矯正の方法まとめ » ちょっと本気のエクササイズ

ちょっと本気のエクササイズ

本気で骨盤矯正がしたい!ちょっと大変でもしっかりやりたい!という方向けです。

自宅で行う本格的な骨盤矯正エクササイズ

本格的なエクササイズをご紹介しています。

1、ヨガを取り入れたエクササイズ

ヨガ イラスト 画像まずはあぐらでこれからのエクササイズの準備をします。

あぐらの状態から、両足の裏を合わせ、足先を両手で持ったら、両膝を上下にバタバタと動かします。蝶々が羽を動かしているように行います。

続いて、同じ格好のまま、上半身を円を描くように回します。腰にこれから行うエクササイズの準備をさせてあげます。

足を伸ばし、長座(お兄さん座り)になったら、その場でお尻を前後に動かし、骨盤の柔軟性をはかります。10~20回程度。

背中を曲げないように意識しながら、両手で足先を掴み(足は伸ばしたまま)、同じように10~20回お尻を前後に動かします。

軽く膝を曲げたら、両手はお尻より後ろのあたりにつきます。上半身が少し後ろに倒れているはずです。

両膝を合わせたまま左右に倒していきます。左右1回ずつをセットにし、10回ほど行いましょう。

そのまま少し足を広げ(膝を軽く立てたまま)、今度は片足ずつ膝を内側に倒していきます。こちらも左右1回ずつをセットに、10回を目安に行います。

ひとつひとつのエクササイズはそんなに難しいものはありません。ただし、事前のストレッチもしっかりと行い、腹式呼吸を意識しながら、じっくりと取り組みましょう。

2、バランスボールを取り入れたエクササイズ

バランスボールの上に座り、足を地面にしっかりとつきます。両腕を左右に伸ばし、一直線になるようにしましょう。

その後、ゆっくりと左右にお尻を動かしていきます。同じ幅動かすことを意識しましょう。

どちらかだけやりづらいと感じるようであれば、骨盤が曲がっている可能性が高くなります。20回が目安です。

今後は前後に動かします。まずは姿勢よく座ることを意識します。

お尻、膝ともに90度になるように座りましょう。そのまま少し前にお尻を動かします。その際、背中は丸まります。こちらも20回行います。

それができるようになったら、円を描くようにお尻を回します。大きくやらなくても大丈夫です。しっかりと骨盤を動かしていることを意識しながら行いましょう。10回行います。

体幹が鍛えられるバランスボールは、邪魔にはなりますが、テレビを見ながらなど常に座っている習慣をつけることで身体のバランスが良くなると言われています。

3、簡単エクササイズ

両足を軽く開き、両手をYを描くように斜めに上げます。右手の肘と左足の膝を近づけるように曲げ、また戻します。3回ずつ左右行い、10セット行います。

両手を腰に当て、肩を水平に維持しながら右腰を上げます。右足はつま先立ちになるように、左足はしっかりと地面についたままにします。

そのまま、上半身を左にひねります。顔も左側を見ます。

その後、右足を地面にしっかりと着けると同時に、左腰を上げ、左足はつま先立ちになります。上半身を右側にひねります。これを10回行います。

4、骨盤底筋エクササイズ

使うものはタオル1本と椅子。まずは、肩幅ほどに足を開いた状態で、椅子に浅く腰をかけます。タオルを棒のように丸めて、開いた股に挟むように差し込みます。そのまま、少し足を閉じます。足の付け根で、丸めたタオルを挟み込む感じです。

タオルを挟んだ両足を、そのままの状態でへそのほうに向けて持ち上げます。足や腹筋、背筋などを少し使うことになります。

持ち上げた状態で5分キープします。5分がつらい場合には、時間を短縮しても構いません。ただし、これはエクササイズになるので、ある程度、体への負荷があるほうが良いかもしれませんね。

5分キープしたら、ゆっくりと両足をもとの位置に戻して、10秒間休みます。

このエクササイズは、骨盤底筋を鍛えるのに非常に有効!

骨盤底筋がゆるむと、くしゃみなどで尿漏れを起こす場合もありますので、尿漏れに悩む高齢者にも有効なエクササイズです。

また、出産後の女性は骨盤底筋がゆるみがちになり、いわゆる、産後太りの原因となります。タオル1本と椅子だけでできる簡単エクササイズなので、赤ちゃんが眠っている間などに行っても良いでしょう。

5、骨盤引き締めエクササイズ

こちらのエクササイズは、お風呂上りなど、体温が上昇しているときに行うと効果的です。

まず、仰向けになってください。仰向けの状態で天井を眺めたまま、両手を真横へ伸ばします。

そのまま上半身は動かさないようにして、右足を曲げながら胸のほうへ持っていきましょう。

限界まで持ってきたら、今度はそのまま右足を左側に倒してください。単に左側に倒すというよりも、骨盤ごと内側にたたみこむようなイメージで倒します。

その状態を10秒間キープしてください。

元の体勢に戻り、今度は左足を使って同じ動きをします。しっかりと左の骨盤も内側に持ってくるようなイメージで。

このエクササイズは、ストレッチ的な要素も十分に入っているのですが、あくまでもエクササイズ。少し痛い、少しつらい、といった程度が適当です。

6、座って骨盤エクササイズ

クッションを椅子におきます。その上に座り、背筋をしっかりと伸ばしましょう。

両足をそろえて床につけます。両手を腰に当てて、まっすぐ正面を見つめるようにしてください。

その体勢から、まずは右足を上に持ち上げます。息を吐きながら、ゆっくりと行いましょう。右ひざを胸に向けて持ってくるようなイメージです。

背中が少し丸くなるかもしれませんが構いません。そのままの状態で5秒間続けます。

5秒間続けた後は、再び息を吐くと同時に、足を元の位置へもどし、基本の姿勢に戻ります。

息を吐きながら足を持ち上げる」一緒に行うとつらいと感じるかもしれません。それで正解です。通常なら、息を吸いながら足を持ち上げたいところ。

しかし、これは有酸素運動効果を狙っているため、息を吐きながらの方がよいというわけです。

右足が終わったら、今度は左足です。同じように、息を吐きながら左足を持ち上げ、5秒間キープし、また息を吐きながらゆっくりともとの位置に戻します。

この左右の足の運動を1セットとし、合計20セット行ってください。かなりの運動量になると思いますが、エクササイズですので頑張りましょう。

なお、椅子にクッションを置くのは、骨盤を正しい位置に据える意味があります。

7、骨盤トントンエクササイズ

とても簡単なエクササイズなので、ぜひ継続してやってみてください。

まずは、うつ伏せになります。両足は軽く開いた状態が良いでしょう。

そのまま、軽く右足を曲げてみてください。膝から下が起きてきている状態です。そこから、右足に少し勢いを付けてさらに曲げると、かかとがお尻に軽く「トン」と触れると思います。この「トン」を3回行ってください。

右足が終わったら、今度は左足も同様に3回「トン」。

左右3回ずつ、合計6回お尻をトントン叩いたら、やりやすかったほうの足で、さらに3回「トン」を追加してください。

合計9回の「トン」です。とても簡単ですよね。高齢者でも体に無理なく行えるエクササイズです。

なお、このエクササイズは、ベッドや布団の上でやると体が沈んでしまい骨盤矯正効果が薄れるので、畳や床、またはヨガマットの上など、少し硬めの場所で行なうようにしましょう。

また普段、跳躍をともなうスポーツ(とくにバレーボールなど)を行なっている人は、太ももとふくらはぎの筋肉が発達しているため、足を曲げても筋肉の厚みで、かかとがお尻に触れない場合があります。肉離れなどを起こす可能性がありますので、その場合は無理して曲げすぎないようにしましょう。

うつ伏せにならなくても、立ったまま同じことをできるならば、それでも構いません。同じように骨盤矯正効果が得られます。

骨盤トントンエクササイズは1日1回、最低でも2週間は続けましょう。

8、くびれも作れる骨盤エクササイズ

用意するものはクッション、及びバランスの良い椅子。

まずは椅子に腰かけましょう。かかとをしっかりと床につけ、両手は腰へ。背筋を伸ばして、まっすぐ前を見つめてください。

用意したクッションを、お尻の右下に入れます。右の腰が浮きあがったような形で椅子に腰かけている状態になります。

上半身のバランスをとりながら、浮き上がった右のお尻を、少しずつ左のほうへ滑らせるようにずらしていきます。お尻がクッションから滑り落ちるようなイメージです。完全に滑り落ちるまで、お尻をずらしていきましょう。

次に、左のお尻も同じ要領で行ないます。クッションを左のお尻の下に差し込み、バランスをとりながら、右のほうへ滑り落ちていくようにしてください。こちらも完全にお尻がクッションから滑り落ちるまでずらしていきます。

この左右の動きを1セットとして、1日20セット行いましょう。

骨盤を動かすことで腰痛予防にもなり、またインナーマッスルを鍛える効果もあります。

そしてなにより、女子に嬉しい「くびれ」を生む効果も期待できるそうです。


これらのエクササイズは、本格的と言ってもひとつひとつの動きはとても簡単で、自宅で気軽にできるものだと思います。

しかし、準備運動が必要であったり、大きな道具を必要としたり、毎日続けるにはちょっと大変かもしれません。

ただ簡単なストレッチだけで済ませるようりは確実に効果を実感できるかと思います。

pagetop

Copyright (C)効果てきめん!人気の骨盤矯正グッズ使ってみましたAll Rights Reserved.