本当に効果のある骨盤矯正グッズって、結局どれなの?

そんなギモンにこたえるべく、骨盤矯正グッズをリサーチし、使い比べてみました!
骨盤矯正グッズの調査サイト数あるアイテムの中で特に人気の高いものの紹介もしているので要チェックです!

まずはココから骨盤矯正グッズの効果を検証!
骨盤矯正なび HOME » 自宅でおすすめの骨盤矯正グッズとストレッチ » 自宅で簡単!寝たままできる骨盤矯正ストレッチ4選

自宅で簡単!寝たままできる骨盤矯正ストレッチ4選

ストレッチその1:ひざを左右に倒す

  • 仰向けに寝て両膝を立てる
  • ひざをそろえて右方向に倒し、10秒キープ
  • ひざを元の位置に戻す
  • ひざをそろえて左方向へ倒し、10秒キープ

両ひざを倒したときに体が引っ張られるような感覚があると、効果のある良いポーズがとられているとわかります。左右を1セットとし、10セットを目標にやってみましょう。息を吸って吐きながら膝を倒すことと両ひざは離れないことを意識することがポイントです。

ストレッチその2:体をまげて揺らす

  • 仰向けに寝て両ひざを抱え込む
  • 体を丸めた状態で前後に揺らす

前後を1セットとし、10セットが目標です。ひざを抱え込んだときは、おでことひざがくっつく位丸まります。前後に揺らすときに、背骨など、背中全体が刺激される感じがすればOKです。柔らかい布団よりも、ちょっと硬めのお布団やマットの上で行った方がより、背中への刺激がわかりやすいです。

ストレッチその3:おしりを持ち上げる

  • 足を肩幅に開いた状態で仰向けに寝る
  • 両手は体の横におく
  • 手で支えながらお尻を床からゆっくりと離す
  • 背中も床から離しひざと肩甲骨で支え、10秒キープ

腰周辺の筋肉を意識しながら持ち上げましょう。体を床から離したときは、ひざと肩甲骨までは一直線の状態になっていることがポイントです。3秒キープしたら20秒休憩します。1回につき3セットほど行いましょう。

ストレッチその4:骨盤をほぐす

  • 仰向けに寝る
  • 足の裏と裏を合わせる
  • ひざを開きひし形に(赤ちゃんの足のようなポーズ)
  • 両足を外側へ折り曲げる(上から見たときW字ポーズ)

床から背中や太もも、ひざなどの足は浮かない方がより効果的です。最初は浮いた状態でもしばらくすると、浮かなくなっていきます。それぞれのポーズは約30秒キープしましょう。1回ずつでOKです。

この骨盤をほぐすストレッチでは、骨盤のゆがみ具合をチェックすることができます。骨盤矯正ストレッチを始める前と後で比べてみると、骨盤矯正ストレッチの効果を知ることができます。

  • ひし形ポーズ、W字ポーズどちらも楽にできた人→骨盤の状態が良好
  • ひし形ポーズが楽だった人→骨盤が開き気味
  • W字ポーズが楽だった人→骨盤が閉じ気味
  • ひし形ポーズ、W文字ポーズどちらも辛いと感じた人→骨盤が固い状態

骨盤矯正ストレッチの注意点

  • 生理中の人は、骨盤が開いている状態なので控えましょう。
  • 妊娠中の人は、赤ちゃんの安全を考えて止めましょう。
  • 体調が悪い人は、控えましょう。
  • ケガをしている人も控えましょう。
  • お風呂後は筋肉が緩むので、矯正効果を高めるためにお風呂の後がおすすめです。
  • ポーズばかりに集中せず、しっかり呼吸をすることも大切です。
  • 焦ったりせずコツコツと継続することが大切です。

まとめ

ご紹介した4つの骨盤矯正ストレッチすべてをする必要はありません。寝る前の10分以内を目安に、自分が心地よい、続けやすいと思う方法を取り入れてみてください。ストレッチは、意図的に筋や関節を伸ばし、体の柔軟性を高めていくものです。骨盤矯正にスポットを当てたストレッチも楽しくできることを目安に行い、骨盤へアプローチを少しずつかけてい行きましょう。

pagetop

Copyright (C)効果てきめん!人気の骨盤矯正グッズ使ってみましたAll Rights Reserved.